Yahoo!ショッピング制作プラン・作るゾウ 規約
Yahoo!ショッピング制作プラン・作るゾウをお申し込みの方は、以下の規約をご確認いただきご承認ください。
株式会社ウィルマート(以下「当社」という)は、Yahoo!ショッピング制作プラン・作るゾウ(以下「本プラン」という)の提供に際して以下のように規約を定めものとする。本ストアサポートを利用する店舗様(以下「ストア」という)は、本規約を遵守するものとする。

第1条 【プランの範囲と内容】
本プランの提供範囲は、Yahoo!ショッピング出店店舗(以下「本件WEBサイト」という)を対象とする。当社は、ストアに対して以下の内容を提供するものとする。
 1)本件WEBサイトのデザイン・構築に関する業務。
 2)本件WEBサイトのアドバイスに関する業務。

第2条 【契約の成立】
ストア希望者が、本約款を承認の上、当社に対してYahoo!ショッピング制作プラン・作るゾウ申込書を用いて、本プランの利用申込みを行い、当社が申込みを承諾した時点で、当社とストアとの間で本プラン利用契約(以下「本契約」という)が成立するものとする。

第3条 【本プラン費用及び支払条件】
<1>本プランを利用する費用は、本プラン申込書に記載されるプラン料金とする。
<2>本プランを利用する費用は前払いとし、甲は制作開始希望日までに乙の指定する乙名義の銀行口座に送金(振込手数料はストア負担)、または、口座振替(ヤフーショッピングの企画に乗っかるゾウ!の場合のみ口座振替が可能)により支払うものとする。

第4条 【契約期間】
本プランの利用期間は制作開始希望日から本プラン納品時(サポート付プランの場合には納品後1ヶ月)までとする。ただし、第3条に定める支払いが完了していない場合は、この限りではない。

第5条 【ストアクリエイターProへのログイン】
設定・編集等、ストアクリエイターProでの作業が必要な場合、ストアは業務を円滑に遂行させるために、ストアクリエイターProへアクセスするID及びパスワードを当社に対して口頭あるいはFAX、電子メール等で伝えるものとする。尚、当社はストアマネージャーにおいて必要なデータの閲覧のみを行うものとし、ストアの許可を得て編集を行うものとする。

第6条 【機密保持】
当社及びストアは、相手方にその機密情報を開示することについて、次のとおり行うものとする。
<1>機密情報とは、本ストアサポートに関連して各当事者が相手方に対し、その機密情報を明示して開示する情報をいう。但し、
 1)受領当事者が守密義務を負うことなく、既に保有していた情報
 2)受領当事者が本契約と無関係に独自に開発した情報
 3)受領当事者が守密義務を負うことなく、第三者から正当に入手した情報
 4)一般に入手可能であるか、または入手可能となった情報
 5)開示当事者が事前に公表を承認した情報
は、機密情報には該当しないものとする。
<2>当社及びストアは、相手方に対し、書面、記録媒体若しくは物品の交付又は口頭により、その機密情報を開示する。
 1)書面、記録媒体の交付により機密情報を開示するときには、その媒体上にそれぞれ相手方の機密情報である旨を明記するものとする。
 2)口頭又は物品の提示若しくは交付により開示するときは、開示の時点で、開示当事者が相手方から口頭で開示された機密情報をメモする場合には、他の情報と混在しないように記載した上で、相手方の機密情報である旨を明記するものとする。
<3>甲及び乙は、機密情報の開示の都度、甲または乙の所定の書式により、開示当事者による開示と受領当事者による受領の事実を確認するものとする。かかる書式には、機密情報の内容、開示日、開示者、受領者および開示の場所並びに記憶媒体その他の物品を交付した場合はその旨及び返却日を記載するものとする。
<4>甲及び乙は、開示当事者の機密情報を機密に保持し、開示当事者の書面による事前の同意のない限り、受領当事者の従業員で開示当事者の機密情報を知る必要のある者以外の受領当事者の従業員その他の第三者に開示してはならない。
<5>甲及び乙は、開示当事者から受領した機密情報を本契約の目的のため以外に使用してはならない。 
<6>両当事者間で交換された情報で、相手方に対し、機密情報と明示せずに開示された情報は、全て機密でないものと見做す。 相手方当事者は、かかる機密でない情報を自由に自己の製品又はサービスの開発・提供のために使用することができる。但し、特許権、著作権、商標権その他の知的所有権による制約のある場合はこの限りではない。

第7条 【情報管理】
<1>当社及びストアは、相手方から開示・提供を受けた情報(秘密情報を含む。以下同じ)にアクセスする役員および従業員を、本プラン遂行のために必要な範囲に限るものとする。
<2>当社が本プラン遂行にあたり、ストアから開示・提供を受けた情報、ならびに本プランの具体的内容・進行状況など知り得た情報は、株式会社ヤフーに情報開示することを妨げないものとする。
<3>当社及びストアは、相手方から開示・提供を受けた情報を、本プラン遂行に必要な場合を除き複製してはならない。ただし、相手側から許可を得た場合は、この限りではない。

第8条 【免責】
<1>当社は、本プランにおける情報提供、その他本プランに関連して発生したストアまたは第三者の損害について、一切の責任を負わないものとする。
<2>本約款で当社の損害賠償責任が免責されている場合を除き、当社の故意、過失でストアに損害が発生した場合、当該賠償をストアに対して賠償する。但し、賠償金額は本プラン申込書に定めるプラン費用の金額の1/2を限度とする。

第9条 【解除】
<1>当社又はストアが本契約の一部あるいは全部において不履行であった場合、相手方はその不履行の当事者に対して、その旨を書面にて通知し、通知後30日以内に改めなければ、相手方は何らかの救済措置をとることなく本契約を解除することができる。但し、解除した側による損害賠償の請求を妨げない。
<2>当社又はストアが下記各号のひとつにでも該当するときは、相手方は予告期間なく直ちに本契約を解除することができる。但し、解除した側による損害賠償の請求を妨げない。
 1)本契約における債務の支払いを2ヶ月以上滞納したとき。
 2)手形又は小切手の不渡、支払停止その他の財産上の悪化、又は信用不安が生じた相手方において本契約の継続が困難と判断されたとき。
 3)財産の差押、仮差押、仮処分、銀行取引停止処分等を受け、若しくは競売、民事再生、破産等の申し立てをし、或いは受けたとき。
 4)主務官庁から、その営業について取消しの処分を受けたとき。
 5)当社又はストアの従業員が相手方の信用を失墜、又はそのその他不信行為があったとき。
 6)代表者が禁治産者、準禁治産者の宣告を受け、或いは禁固以上の刑に処されたとき、又は死亡或いは失踪し、相手方がその営業継承者を不適当と認めたとき。
 7)会社整理、会社更正の申し立てをし、又は解散し、或いは他の法人と合併したとき。
 8)その他、本契約の各条項、及び本契約に基づく諸規定に違反したとき。

第10条 【契約の改定】
 本契約期間中において、当社、ストア共に必要と認めるときは、事前に協議したうえで各条項を改めることができる。    
 
第11条 【協議事項】
 本契約に定めなき事項又は疑義ある事項については、当社、ストアの間でお互いに誠意を持って協議し解決するものとする。

第12条 【合意管轄】
本契約に関する訴訟については、甲府簡易裁判所または東京簡易裁判所ならびに東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とするものとする。

第13条 【準拠法】
本契約の成立、効力、履行および解釈については日本国法に準拠するものとする。